ハワイ旅行 航空券

ハワイの時差や飛行時間から考える最適な航空会社と必需品

更新日:

ハワイに行く飛行機を迷っていませんか?

ハワイへの直行便は夜日本を出発して、現地に朝に着く便がほとんどですが、到着が早すぎる便や遅すぎる便もあります。

ここでは、ハワイとの時差と飛行時間から、現地到着が最適になる航空会社と飛行機の便をご紹介します。あわせて、長時間の飛行機の移動に欠かせない必需品もご紹介します。

スポンサーリンク

 

ハワイと日本の時差って?

日本の時間-19時間がハワイの時間です。ハワイにはサマータイム制度がなく、1年中どの時期でもこの時差が適用されます。

でも、日本の時間から19時間を引く計算は少し面倒ですよね。もっと簡単な計算方法があります。

日本の時間に5時間足して、日付を1日前に戻せばハワイの時間になります。

例えば、日本が10月6日午前9時の場合は、まず9時に5時間加えて時間は14時(午後2時)だとわかります。そして、日付は1日前に戻すので10月5日となります。ハワイの日時は「10月5日14時」です。

ただし、5時間足して24時を越える場合は、日本と同じ日付です。

 

ハワイまでの飛行時間

日本からハワイへ直行便で行く場合の飛行時間は約6時間30分~7時間弱です。航空会社によって30分程度、飛行時間の差があります。

ハワイから日本に帰ってくる便は、気流の関係で9時間程度かかります。

羽田発の飛行機の場合

羽田からハワイのホノルル空港へ直行便が出ている航空会社は、ANA(全日空)、ハワイアン航空、ユナイテッド航空です。ユナイテッド航空は全日空便とのコードシェアなので、実際にはANAの飛行機に乗ることになります。

羽田からハワイの飛行機は6時間45分~6時間50分です。

尚、ハワイアン航空は羽田からハワイ島のコナに直行する便を週3便(水金日)運行しています。

成田発の飛行機の場合

成田からはハワイのホノルル空港へ直行便がたくさん出ています。直行便を出している航空会社は、JAL、ANA、ハワイアン航空、ユナイテッド航空、デルタ航空、チャイナエアライン、ハワイアン航空、アメリカン航空、トルコ航空です。

アメリカン航空はJALとのコードシェア、トルコ航空はハワイアン航空とのコードシェア便です。また、ANAとユナイテッド航空は自社便とコードシェア便があります。

成田空港からハワイの飛行時間は最短で6時間30分で、羽田より少し短い便があります。同じ航空会社でも出発時間によって、飛行時間が多少変わります。

尚、成田からはJALがハワイ島のコナにも直行便を毎日1便運航しています。

 

飛行機の中に持って行きたい必需品

アメリカ本土より近いハワイですが、それでも飛行時間は6時間半~9時間半と長いです。飛行機の中で快適に過ごすために持って行きたい必需品を3つご紹介します。

アイマスク

長い機内では寝て過ごす人がほとんどですが、機内の光や周りが気になって寝られないという人もいます。そんな時にアイマスクがあると便利です。

寝顔を周りの人に見られたくないという場合にも、アイマスクがあれば目が隠れます。

寝ていると口が開いちゃう人はマスクもあると完璧ですね。口のマスクは乾燥しがちな機内で乾燥予防にもなります。

むくみ取りソックス

飛行機に長時間乗っていると気圧の関係で足がむくみます。長時間同じ姿勢などでなおさらむくみやすくなり、現地に着いた後も足がぱんぱんという人も。

むくみ取りソックスを穿いておくと、むくみが軽減されて足の疲れも少なくなります。

携帯化粧品

ついつい忘れがちなのが携帯用の化粧品です。

長時間飛行機に乗って寝たりもするので、メイクが崩れてしまいます。また、旅慣れた人は、機内でリラックスできるようにメイクを薄めにする人も多いです。現地に着く前にメイクを直せるように最低限必要な化粧品を持って行きましょう。

ただし、液体は機内持ち込み制限があり化粧品も制限の対象になっています。持ち込める量を事前にしっかり確認しましょう。

 

各航空会社の日本出国時間とハワイ到着時間

羽田発の飛行機の場合

都心からのアクセスが便利な羽田空港。羽田からの出発便は21時~24時の夜遅い時間に出発する飛行機だけしかありません。

出発が夜遅い分、ハワイ到着も9時~12時と少し遅い時間になります。入国手続きや荷物の受け取りなどを済ませて、お昼ごろかそれより少し前から現地で行動ができます。

成田発の飛行機の場合

成田空港は19時~22時と、羽田空港に比べ早い時間帯の出発です。その分、現地のハワイにも早く着くことになります。

一番早い時間帯の19時発のANAの便に乗ると、現地着は6時40分です。現地滞在日数が限られていて、初日からフルに行動したい方は早めの便で行く方もいます。しかし、買い物など観光をする場合は、この時間に到着しても現地のお店がまだ開いていない時間帯なので、時間を持て余してしまうのでもう少し遅めの便がおすすめです。

時差を考慮した場合おすすめの航空会社

ハワイへの飛行機は現地に9時以降に到着する便がおすすめです。

この時間に到着すれば、到着後の手続きなどを終えて空港を出る頃にはお店が開いています。飛行機で長時間の移動の疲れも考慮すると、早く着きすぎるよりも、このくらいの時間に着いてお昼前からゆっくり観光するくらいがちょうど良いです。

羽田の便はすべて現地に9時以降に到着します。ハワイアン航空の23時55分発の便は、現地に着くのが11時45分なので少し遅めです。手続きなどが終わると、空港を出るのが12時以降になってしまうので、初日もショッピングを楽しみたい方は、それ以外の便がおすすめです。

成田空港の便はJALとアメリカン航空の22時発で現地9時30分着の便とユナイテッド航空の21時30分発で現地9時20分発の便がおすすめです。

  • タイムシェアの空きがない場合も同日程で最適なプランをご案内します

-ハワイ旅行, 航空券

Copyright© ハワイタイムシェアレンタルガイド , 2018 All Rights Reserved.