タイムシェアホテル紹介 マリオット

マリオットコオリナタイムシェア説明会レビュー2017版

更新日:

いまいち他のタイムシェアとの特徴が分かりづらいマリオットコオリナビーチ。
ヒルトンはワイキキにもアラモアナにも近いし、アウラニはディズニーブランドが。マリオットは???

そんな疑問を抱え、ハワイタイムシェアレンタルガイドのスタッフがマリオットタイムシェアの説明会に突撃参加。昨年から導入したポイントシステム、ぶっちゃけヒルトンと何が違うの?といったことを徹底的に調査してきました。

スポンサーリンク

 

マリオットコオリナタイムシェアの押しポイントまとめ

まずは簡潔にマリオットコオリナタイムシェアの押しポイントをまとめておきます。

☑︎買い取ってもらえる
☑︎ホームを持たないポイント制
☑︎人(日本人)が少ない

このポイントを見ただけでもタイムシェアを勉強してる方は親切だなぁと感じると思います。ポイントの詳細は後ほどご紹介いたします。
※2017年後半この買い取ってもらえるという制度はなくなったそうです

 

マリオットタイムシェア説明会参加方法

ヒルトン販売員の巣窟DFS・ワイケレプレミアムアウトレット、アウラニディズニーはワイキキショッピングプラザ内、マリオットはアラモアナショッピングセンターに陣取っています。

1階フードコートの前をはじめとし、各階に専用デスクがあります。そこで申し込みをすればOK!

ただし、専用デスクに人がいないことも多く、夕方前には皆帰ってしまうのでご注意を。

ワイキキに滞在しているという方は、ロイヤルハワイアンショッピングセンター内のHISカウンターに行けばマリオット専用デスクがあるのでそこで申し込みましょう。

説明会は9:45~と11:45~の2回、行きのバスはワイキキのマリオット前に7:20集合とかなり早いです。帰りの便は14:00,17:00のうちどちらかを選択することができます。

これは販売員から聞いたのですが、意外に?アウラニディズニーとマリオットは同じコオリナ地域にありながら仲が良く、無料のシャトルバスが出ています。説明会に参加すると無料で入れるプールもかなり大きいので、アウラニディズニーで買い物がしたいという方は17:00の方が良いかもしれませんね。

 

マリオットタイムシェア説明会詳細

S__22224900

マリオットコオリナタイムシェアの説明会は、すべて個室で行われます。それぞれの個室にホワイトボードが付いており(がっつり説明してくれました)、みなさんのレベルに合わせてアプローチをかけてきます!

 

タイムシェア説明会の流れと所要時間

まずは個室で40分程度、タイムシェアの魅力や制度についての説明があります。

私はこのサイトを運営していることをその場で明かした(半分取材目的)ので、かなり突っ込んだ質問にもきちんと答えてくれました。

販売員の方がはっきり言っていたのですが、当然説明内容も相手の知識に合わせて行うそうです。私の場合は、タイムシェアの基本的な説明は抜きにして、新しいポイント制度の仕組みと、ズバリヒルトンにはないマリオットコオリナの押しポイントはどこか?という観点で説明を受けました。

タイムシェアの知識がない方には、ハワイののんびりした贅沢なリゾート感を押してくるのだと思います。

S__22224901

その後、お部屋やプールの見学が30分、マネージャーのクロージングが30分といったところです。合計100分くらいでしたがうちはおそらく短い方だったと思います。

 

販売員の印象

率直に言うとヒルトンより営業営業していません。マネージャーもごつい指輪やアクセサリーを身につけておらずわりかし上品な印象を受けました。

また、マネージャーから販売員の評価を聞かれます。説明は分かりやすかったか?しつこくて嫌な思いをしなかったか?といった内容が中心でした。

おそらくこの辺りの教育はヒルトンに比べ徹底しているのだと思います。

ちなみに私についた販売員の男性の方は説明もわかりやすく100点満点でした。

 

マリオットがヒルトンより優れている点

なんだかんだ言われていますが、ヒルトンのタイムシェアそのものはとても良いです(購入すべきかどうかは置いといて利便性・リゾート感・広さの総合点数はやはり1番かと)。

その上であえてヒルトンより優れている点を説明してくださいといったところ、納得できる答えが返ってきました。

 

1.マリオットコオリナタイムシェアはマリオットに買い取ってもらえる

ハワイに来た高揚感でよく調べずにタイムシェアを購入してしまった。なんだかんだで毎年ハワイに行けず、どんどん上がっていく管理費が重荷に。

タイムシェアについて勉強している方はご存知の通り、購入後の売却はかなり難しいです。売れればあとは知らん顔というのがヒルトン他タイムシェア。

しかし、なんとマリオットコオリナタイムシェアは不要になった場合、マリオットが約50%の値段で買い取ってくれるのです。50%っていうと買い叩かれている気がしますがとんでもない。他のタイムシェアをリセールに出せば無料同然。

これはかなり親切なシステムだと言えます。

このシステムはなくなってしまったと担当の方から連絡がありました

 

2.ホームを持たないポイント制

マリオットコオリナタイムシェアのポイント制は少し変わっておりホームを持ちません。

例えば、ヒルトンならラグーンタワーのオーナー、グランドワイキキアンのオーナーという肩書きの上で、他施設に宿泊します。そのため、ホーム以外の予約はかなり取りづらい状況に陥ります。

しかし、マリオットのポイント制はホームを持たないため、すべてのタイムシェア施設で平等に予約を取ることができます。簡単いいうと、タイムシェア所有者は、あくまでマリオットクラブのオーナーであって、マリオットコオリナビーチのオーナーではないのです。

ですから、当然世界中どこのタイムシェアに宿泊しても一切手数料等はかかりません。

 

3.日本人が少ないというメリット

ハワイリピーターがだんだんワイキキから離れていく理由は日本人だらけでリゾート感がまったくない点だと言われています。レストランに行っても、ショッピングセンターに行っても2人に1人は日本人。

マリオットコオリナに行って気づくのは日本人が少ないという点です。

これはリゾート気分が味わえるとかそんな安易なメリットではありません。日本人が少ない=日本の繁忙期に予約が取りやすいということなのです。アメリカ人に人気の夏休み、11月中旬、クリスマスは兎も角、年末年始やお盆やすみ、GWなどはヒルトンに比べかなり予約が取りやすくなっています。

 

マリオットコオリナビーチを買う気になったか?

ここは正直に書くと気持ちは半々です。

 

買いたい気持ち

上記に挙げたメリットを考慮すると、他のタイムシェアより明らかにオーナーを大事にしています(ただ、その分管理費は他のタイムシェアより高く最低購入ポイントの2000ポイントで1250ドルです)。

また、ワイキキと違って海での飲食が合法なのでプールに入って星を見ながらお酒を飲めたりします。とてもリゾート感が味わえます。

さらに、モノレールとショッピングセンターはどうやら確定っぽく、ワイキキや空港までのアクセスも良くなります。

 

買いたくない気持ち

購入をためらうのはやはり立地。

コオリナは確かにリゾート感があっていいところですが、さすがに7日間もいたら退屈な気がします。個人的な感想ですが、プールは広いけど大したことはないです。

S__22224902

また、食材を買うにもヒルトンのように歩いてアラモアナのドンキにというわけにはいかないので。

こればっかりは実際泊まってみないとわからないなというのが正直な印象です。

 

マリオットコオリナビーチの購入を決めかねていると・・・

マネージャーが最後の砦を提示してきます。

それはズバリ体験宿泊券。今この場で購入すれば、体験宿泊ができる(有効期限1年くらい?)、さらにそのあと購入すれば体験宿泊費が返金されるというものです。

値段は1泊300ドル程度で3泊コースと4泊コースがありました。私は借りれば体験できるので(笑)と断りましたが。

 

マリオットコオリナビーチはこんな人にオススメ

タイムシェアにはそれぞれ特徴があります。よってハワイでどう過ごすかによってどのタイムシェアが一番合っているかは変わってきます。

マリオットに向いているのはこんな方だと思います。

☑︎そろそろワイキキに飽きてきた人
☑︎ハワイ以外も旅行してみたいという人
☑︎あまり活動的に動きたくなくのんびりしたい人
☑︎ゴルフ好きの人

逆に向いていないのはこんな方

☑︎とにかくハワイに来た〜感が欲しい人
☑︎やはりアラモアナは立ち寄りたいという人
☑︎活動的に動きたいという人

以上、2017年版マリオットタイムシェア説明会の所感でした。ご参考にしていただければ幸いです。

 

マリオットコオリナに泊まってみたいという方は

タイムシェアレンタルを利用して、マリオットに宿泊することができます。ただし、ほとんどのオーナーさんが新ポイント制ではなく、旧スプレッドシステムなので7泊(土〜金)での宿泊が原則となります。宿泊数が短い方はご相談ください。

  • タイムシェアの空きがない場合も同日程で最適なプランをご案内します

-タイムシェアホテル紹介, マリオット

Copyright© ハワイタイムシェアレンタルガイド , 2018 All Rights Reserved.