タイムシェアの知識と悩み

ハワイのタイムシェアにおける契約のリスクと問題点

更新日:

100万円程度でハワイのタイムシェアオーナーになれるなんて最高!しかし、タイムシェア説明会では当然よい部分ばかり話します。今回は、ハワイでタイムシェアのオーナーになるリスクについてお話します。

ハワイに憧れるあまり周りが見えていない、なんてことはありませんか?旅行費用とタイムシェア契約の費用を比較しましたか?管理費のことを考えたことはありますか?しっかりとマイナス部分にも目を向けたうえで、契約するかを判断しましょう。

スポンサーリンク


 

本当にタイムシェアのオーナーになるべきか考えよう

まずは、落ち着いて本当にハワイのタイムシェアオーナーになるべきかどうか考えてみましょう。

ハワイの雰囲気に流されていませんか?

ハワイの旅行中に必ずと言ってよいほど勧誘されてしまうのがタイムシェアです。憧れの地ハワイに自身が利用できる住まいを持ちたい、といった気持ちはあるでしょう。しかし、そんなに必要な物なのでしょうか。

ハワイといったとても美しい地に定期的に利用できるホテル物件を購入しておけば、いつでも旅行に行ける、なんて考えている方もいるかもしれません。しかし、ハワイの雰囲気に流されていませんか?

確かに、ハワイは素晴らしい地域です。しかし、生活基盤はどこにあるのでしょうか。日本ですよね。ハワイに行くとなれば、まとまった休みがある時でなければなりません。年間でどれくらいハワイに行けるのでしょうか。

何も考えずにハワイに物件を持ったとしても存するだけになってしまうかもしれません。ハワイの魅力は誰も認めるところですが、一度立ち止まって考えてみることも必要です。お金をムダにしないために、一度ハワイの雰囲気は取っ払って現実的に損得勘定をしてください。

ハワイの物価に麻痺していませんか?

ハワイに旅行すると思った以上にお金を使っていませんか。実は、ハワイは非常に物価が高いのです。しかも、それは一過性のことではありません。今後も維持される可能性が高いです。

なぜハワイの物価は高いのでしょうか。

ハワイで流通している物資の殆どはアメリカ本土から輸送されているため

要は、運送費がかかっているのです。その分が価格として添加されてしまい、結果的に高い買い物をしてしまいます。旅行中であると、テンションが高い状態ですし、非日常といった空間で金銭感覚が狂ってしまうこともあります。その結果、思った以上にお金を使いすぎてしまうのです。

仮に、ハワイのタイムシェアオーナーになると、物価の高いハワイに一定期間定期的に滞在することになります。その時にかかるお金のことを考えてください。

ハワイの飲食店にかかる費用例

・高級レストラン・・・一人あたり80ドル前後+20%程度のチップ
・カジュアルレストラン・・・一人あたり30ドルから50ドル+チップ
・B級グルメ・・・一人あたり10ドルから20ドル

料理の価格はそれほど高いとは感じないかもしれませんが、思ったよりもチップの存在が大きいのです。チップの相場は、料理の料金の15%から20%前後になります。

本当に毎年ハワイに来ますか?

タイムシェアは、毎年、管理費がかかるため、利用しなければ意味のないものにお金を支払い続けることになりかねません。そこでいま一度考えて欲しいのが「毎年ハワイに来る予定はあるのか」といったことです。

いくら好きなところだからといって、休みを使って毎年ハワイに行く、なんて方はそれほど多くありません。そもそも毎年ハワイに行くような計画をたてること自体が負担になってしまうことも考えられるのです。

あなたのここ4年から5年程度の行動を思い起こしてください。仮にその4年から5年間は毎年ハワイに行っている、といった方であればタイムシェアを利用する価値はあります。ホテルに泊まるよりも安価なハワイ旅行ができるかもしれません。

一方で、その4年から5年間で、1回から2回しかハワイに来ていない、といった方はわざわざタイムシェアを利用することはありません。ホテルに宿泊したほうがお得ですよ。

 

実際の旅行費用と比較してみよう

次に、実際の旅行費用と、タイムシェアオーナーになった場合の旅行費用を比較してみましょう。

旅行費用と比べてタイムシェアはお得か?

タイムシェアのオーナーになるケースで注目しておきたいのが、実際の旅行費用との兼ね合いです。宿泊費用とタイムシェアオーナーになる費用のどちらが安いのか、といったことを考えることが重要なのです。

タイムシェアのメリットは、ホテルのグレードの高い部屋に安い価格で宿泊できる、といったことです。ホテルのグレードの高い部屋の宿泊費用とタイムシェア費用を比較すれば、どちらがお得になるかが見えてきます。

タイムシェアオーナーの費用は期間などにもよるので、なかなか価格相場を示すのは難しいですが、年間に1週間利用する権利を400万円で購入したとします。さらに、タイムシェアには管理費が別にかかってきます。その金額を年間10万円とします。さらにタイムシェアを利用するときには、手配に手数料が数千円発生します。その金額を7,000円としておきます。

年に1回利用したと想定してそれを10年続けたとすると、

400万円+(10万円+7,000円)×10年

といった計算式が成り立つのです。
計算結果は507万円です。1年間で割ると50万7,000円です。このケースでは、ハワイに旅行して宿に50万7,000円を超える金額を支払う、といった状況であればお得と考えられるわけです。

旅行料金よりもタイムシェアオーナーのほうがお得になる条件例

・一人ではなく家族数人とハワイ旅行にいくケース
・権利の期間をフルにホテル宿泊するケース

たとえば、家族4人で1週間ハワイに宿泊する、といったケースであれば、ホテルの費用だけで100万円前後になる可能性があるわけです。仮に4人で宿泊し、一人あたり20,000円の宿泊費が1泊かかってくるとします。1日あたり8万円かかり、1週間で56万円と計算できます。前述したタイムシェアのオーナー金額よりもオーバーするので、タイムシェアのほうがお得となります。

タイムシェアオーナーよりも旅行料金のほうがお得になる条件例

・ハワイへの旅行は少人数を考えているケース
・ハワイへの滞在期間が短めのケース

何年で初期費用をペイできるか?

正直、物件により大きく違います。ヒルトンバケーションズクラブの古いタワーだと、管理費も高くなるので回収は非常に困難になります。

比較的新しく、宿泊料金の高いディズニーバケーションクラブであれば、10年間くらいでペイできます。

要は、最低でも10年間はハワイに通い続けなければ初期費用を取り戻すことは出来ないというのがタイムシェアの実情です。

タイムシェアを購入する際には、「10年後に自身がどうなっているのか」といったことも分かりませんよね。今はお子さんが小さければ、一緒に旅行するかもしれません。しかし、10年後に大きくなったお子さんはあなたと一緒に旅行するでしょうか。中学生や高校生になれば、休みなく部活に打ち込んでいるかもしれません。

自分のことだって10年後はどうなっているか分かりませんよね。脱サラをして、自分で事業を行っているかもしれません。そんな状態の時には、とてもではありませんが1週間といった長期の海外旅行はしにくいものです。

ちなみに、タイムシェアの初期費用は100万円から2,000万円と幅広いです。平均額としては、400万円台から600万円台となります。1年あたり40万円から60万前後は取り戻さなければいけない計算になります。

1泊あたり20,000円~30,000円程度のホテルでも満足、といった方であれば、仮に7泊したとしても14万円から21万円です。

もちろん初期費用だけ見ていればよいのではありません。年間管理費と宿泊手数料(ヒルトンバケーションズクラブは移行手数料や他国施設への手数料が特に高い)もかかります。この辺りも考えると、タイムシェアのオーナー費用を取り戻すのは容易ではないことがお分かりいただけると思います。

 

負の資産になりえるタイムシェアの恐怖

無限に増え続ける管理費

ハワイのタイムシェアのオーナーになったら、毎年管理費が必要になります。一定金額を支払い続けることになるのですが、実はここに大きな落とし穴があります。管理費は毎年増加するのです。

最初は年間10万円程度だったのに、8年後には年間20万ドルになってしまった、なんてケースも少なくありません。タイムシェアの管理費は、平均で年3~5%ずつ増えており、あるタイムシェアでは年間100ドルずつ管理費が増え続けていることもあります。

年間管理費については「変化しない」と思っている方が多いのも問題です。実は、ほとんど言い値のような状態なのです。ちなみに、タイムシェア説明会では「管理費は変動する可能性があります」としか伝えられません。

【あるハワイのタイムシェアの年間管理費】
・2011年・・・1,500ドルほど
・2012年・・・1,600ドルほど
・2013年・・・1,700ドルほど
・2014年・・・1,800ドルほど
・2015年・・・1,900ドルほど

年間管理費の影響ですが、昨今の円安傾向も打撃となっています。一時期は1ドル70円台や80円台でした、その時にタイムシェアを購入していればかなりお得だったのです。

しかし、2016年初頭では120円前後といった円安傾向です。より多くの資金が維持費にも必要になり、今後の為替動向によってはさらに管理費を多く支払わなければならないかもしれません。

手放したくても売れないリセールの現実

ハワイのタイムシェアのオーナーになったけれど「管理費が大変だしもう手放したい」そう思っている方も多いかもしれません。

タイムシェア購入時、説明会ではこう言われます「タイムシェアはお客様の資産ですので、必要なくなったら売却も自由です」。そう、タイムシェアは売ることができるので、売却益で今までの損失を補填しよう、なんて思いますよね。しかし、現実はそう甘くありません。

タイムシェアのリセールは、ほとんどお金にならないのが現実です。リセール時はタダ同然の価格で取引されてしまうのです。たとえば「1ドルで売却」なんてこともあります。

中にはタイムシェアを不動産投資のように利用したい、なんて考えている方もいるかもしれませんが、投資には成り得ません。アメリカではなく、日本でもタイムシェアは行われていますが、国内でさえ購入価格の半値くらいしかつかないのです。

タイムシェアは将来的に高く売れば良いという考えは成り立たないということを覚えておきましょう。

アウラニディズニーリゾートは契約年数が決められているから良心的

アウラニディズニーリゾートは、世界各国から観光客が訪れているのですが、そこのタイムシェアであれば、前述してきたようなデメリットを解消できます。

契約年数が50年と決められているので、年間管理費をずっと支払い続けていく、といったことはありません。自分である程度経費をコントロールできるメリットが有るのです。

仮に、タイムシェアの物件の買い手を探している時に、すぐに見つかればよいですが、なかなか見つからないこともあります。そんなケースは、年間管理費を支払い続けなければなりません。アウラニであれば、契約年数が決まっており、期限が来ればその瞬間にスパっと終わります。買い手の心配をする必要はありません。

 

「今決めないと後悔しますよ?」にひっかからないためのタイムシェアチェックリストまとめ

ハワイ旅行に行ってタイムシェアを勧誘される時の殺し文句が「いま決めないと後悔しますよ」です。旅行で気が大きくなっていることもあり、安易に決めてしまう方が多いのです。もちろん、すべてのタイムシェアがよくないのではありません。

こちらでは失敗しないためのチェックポイントをいくつか紹介します。

1.「タイムシェアは資産になる」といった説明をしてくる業者は利用しないこと

タイムシェアは資産になりません。しかも、維持費(管理費)も毎年上昇するリスクが有ります。売却する時には、お金が返ってこないケースが多いです。よって、資産になる、といった誤った説明をしてくるところは信用できません。

2. 管理費の上昇実績を確認すること

管理費が急激に上昇しているようなタイムシェアを選択してしまうと、予定が狂ってしまいます。8年間で元が取れる、なんて思っていたとしても、管理費が増えていけば更に長くかかってしまうこともありえるのです。管理費の上昇が常識の範囲内であるタイムシェアと契約すべきです。

3. 本当にハワイのタイムシェアが必要なのかじっくり考える

家族で話し合いを持つのも一つの方法です。ハワイのタイムシェアを利用するにしても、家族みんなで利用しなければなかなか投資分を取り戻せません。そもそも自分以外の家族はハワイに行きたいと思っているのでしょうか。来年から何人か来ない人が出てしまうかもしれませんよ。タイムシェアを効果的に使える状態であるかを確認する作業は欠かせません。

いかがでしたでしょうか?一見、魅力的なハワイのタイムシェアですが、たくさんの契約リスクが存在します。ハワイの空気、タイムシェア説明会の施設見学で舞い上がる気持を少しおさえ、本当にタイムシェアオーナーになるべきかもう1度考えてみましょう。

-タイムシェアの知識と悩み

Copyright© ハワイタイムシェアレンタルガイド , 2018 All Rights Reserved.