タイムシェアの知識と悩み ヒルトン

タイムシェアの予約マニュアル~ヒルトン編

更新日:

ヒルトン・グランド・バケーションズ・クラブ(以下HGVC)のタイムシェアには「予約が取りにくい」という評判も一部にはあるようです。

しかし「予約のシステムをきちんと理解していないこと」と「上手な利用法を理解していないこと」によって、うまく予約が取れないケースもあります。

HGVCを上手に利用するには、ヒルトンの予約システムと利用法の理解が何よりも大切です。ここからはHGVCの予約方法や、混み合うシーズンなどについて知っていきましょう。

スポンサーリンク

 

タイムシェアの予約方法~ヒルトン編

HGVCには3つの予約方法があります。まずはこちらをしっかりと理解しておきましょう。

1.ホームウィーク予約

ホームウィーク予約は、予約手数料フリーで利用できる予約方法です。チェックインの「365日前から276日前の間に予約できます。なお、こちらの予約方法では「チェックイン・チェックアウトともに土曜日に設定されている」という点が大きな特徴です。

2.クラブ予約

クラブ予約は、予約手数料を支払って利用する予約方法です。ネット経由の予約では49ドルの手数料となっています。こちらは「チェックアウト希望日の276日前」から「チェックインの1日前」までに予約可能です。

3泊以上の宿泊から予約可能で「所有するリゾート以外の施設」も利用することができます。

3.オープンシーズン予約

オープンシーズン予約も、予約手数料を支払って利用する予約方法です。クラブ予約と同様に49ドルの手数料となっています。

こちらは「チェックアウト希望日の30日前」から「チェックインの1日前」まで予約できます。2泊以上の宿泊から予約可能ですが「ゲストの利用はできない」(オーナー利用のみ)という点にはご注意下さい。

なお、オープンシーズンのレンタル料金でステイすることもできますので「ポイントを使用したくない」という場合にもおすすめです。

 

ヒルトンホクラニワイキキの予約ケース

なお、ワイキキ中心部にあるHGVCのリゾート施設「ホクラニ ワイキキ バイ ヒルトン グランド バケーションズ」を予約する場合には、上記と異なった予約期間になります。
以下の一覧でご確認下さい。

予約方法 予約期間
ホームウィーク予約 チェックイン予定日の「365日前から186日前」まで
クラブ予約 「チェックアウト希望日の186日前」から「チェックインの1日前」まで
オープンシーズン予約 「チェックアウト希望日の30日前」から「チェックインの1日前」まで

ヒルトンタイムシェアの予約は、ラグーンタワー/カリアスイーツ/グランドワイキキアンが9ヵ月前、ホクラニワイキキが6ヵ月前と覚えておきましょう。

 

タイムシェアの予約が取りにくいシーズンとは?

タイムシェアの予約が取りにくいシーズンは「人気週」などと呼ばれています。

具体的にはゴールデンウィーク、クリスマスやニューイヤー前後などの年末年始、それに夏期休暇や冬期休暇などの時期がそれに当たります。

しかしこれらの時期は、何か特別なイベントなどが催されるから「人気」なのではなく「多くの方の休日がこの時期に重なるので混み合う」というだけの話なのです。

HGVCは日本人のオーナーが大変多いと言われていますので、日本社会において一般的に「休暇となる時期」には予約が重なることになります。

 

タイムシェア予約の現実(レビュー)

HGVCのタイムシェア予約については、みなさん様々な意見をお持ちのようです。ここではオーナーさんの声をいくつか抜粋してみましょう。(*プライバシー保護の観点から、細かな表現は変えています)

  • 希望日が取れないことは確かにあるが、高級感と使い勝手が両立した「HGVCならではの部屋」は大きな魅力。
  • ハワイのHGVCに日本人オーナーが多く人気なのには、立地の良さも要因だと思うが、そのため時期によっては予約が難しい。
  • ハワイのHGVC狙いの方は多いが、逆にそれ以外の施設を利用する方法もある。国内のヒルトンや、ポイント移行に他施設を利用したりなど、慣れてくるととても柔軟に楽しめる。その意味では使い勝手に全く不自由を感じていない。
  • 私は、混み合うシーズンをあえて避けて利用するが、そうすれば予約もけっこう取れるので問題ない。
  • 例えば1年前くらいから予約していれば、希望通りの予約が実現しやすいから、タイムシェアは、もともと余裕を持って予約したほうが良いものなのだと思う。

 

タイムシェアで確実に予約を取るには?

まず前提として理解しておきたいのは「タイムシェアは慣れていないと予約が難しい」ということ。例えば、人気シーズンの予約を直前におこなっても、希望通りの部屋を取れる確率は低い、ということです。しかし、タイムシェアで確実に予約を取る方法はあります。最後にそちらを確認して行きましょう。

 

タイムシェア購入時に固定週を!

「希望日が取れない!」という方はフロート週(浮動週または自由週ともいう)において、予約を取ろうとしているケースがほとんどでしょう。

その解決策として「固定週を購入する」ということが挙げられます。固定週を購入すれば、年末年始のように特別なイベントのある週でも毎年確実に利用する事が可能です。もちろん、定められた固定週を必ず利用しなければいけないということはなく、キャンセルすればその分のポイントも返却されます。ですから、ムダになることはありません。

確かに高額ですが「タイムシェアで確実に予約を取りたい」という方にはベストな方法と言えるでしょう。

 

フロート週でタイムシェア予約の確率をあげる方法

タイムシェアでは「他のオーナーと物件を共有する」という特徴があるため、予約が重なる可能性は常にあります。

フロート週を予約する権利は全オーナーにあるため、もしも予約を取りたいならば「早めに予約しておく」という方法が最良です。また、フロート週の予約では日程変更やキャンセルが出る可能性もあるため、その状況をこまめにチェックします。

例えば「月の初めに確認したときには満室だったのに、月の終わりでは空きが出ていた」というケースも少なくないようです。

タイムシェアレンタルなら、予約が取れなくてもポイントが無駄になることはありません。

日程が合わずハワイにいけない年もレンタルを利用することで無駄なく利用することができます。

  • タイムシェアの空きがない場合も同日程で最適なプランをご案内します

-タイムシェアの知識と悩み, ヒルトン

Copyright© ハワイタイムシェアレンタルガイド , 2018 All Rights Reserved.