タイムシェア実録レポ ヒルトン

2018年度版ヒルトンタイムシェア体験宿泊レポ

投稿日:2016年1月7日 更新日:

ヒルトンハワイアンビレッジ(hgvc)のタイムシェア体験宿泊の、申込手順、旅行記、タイムシェア説明会のレポートを公開します。これを読めば、あなたも約40%オフでヒルトンに宿泊できます!

さらに、2018年バージョンとして体験宿泊よりもっと安くヒルトンに泊まる方法も紹介します!




 

ヒルトンハワイアンビレッジタイムシェア体験宿泊予約の手順

1. まずは、下記ヒルトン体験宿泊のサイトにアクセスしましょう

ヒルトン体験宿泊

 

2. 次に宿泊プランを選びます

現在、選べるヒルトングループのホテル(タイムシェア施設)と料金は以下の通りです。
※2018年1月現在(時期によって料金等は異なります)

ホクラニワイキキ1BR

ホクラニエントランス

4泊1室699ドル(税込)

ワイキキ中心街に位置するホテルです。ウルフギャングステーキやチーズケーキファクトリーなどの有名レストランも近く、非常に交通の便のよい立地です。ただ、ヒルトンハワイアンビレッジのタワーに比べると部屋は狭く、キッチン等は充実していません。

ザ・グランド・アイランダー1BR/2BR

グランド・アイランダー

(1BR)4泊1室899ドル(税込)
(2BR)4泊1室1399ドル(税込)

2016年私が宿泊した時はホテルタイプのタパ・タワーに宿泊させていただいたのですが、タイムシェアの体験宿泊なのにタイムシェアではなく疑問を感じていました。今回は正真正銘、最新のタイムシェアザ・グランド・アイランダーに宿泊できます。部屋のタイプは1BRと2BRを選べます。

3. 専用フォームに情報を入力します

ハワイタイムシェア体験宿泊手順2

専用フォームより、名前や住所、旅行人数などを入力します。サイト内には、4泊分の料金が表示されていますが、最大で8泊まで予約することができます。ただ、延泊分についてはキャンペーン価格が適用されないようで、私は6泊で予約しましたが、1249ドル(税込)でした。延泊の場合は、一旦4泊で予約し、その後問い合わせる形をとります。

4. メールでお申込み受領書が届きます

入力された情報で登録したメールアドレスに予約完了メールが届きます。

5. タイムシェア販売説明会の予約と支払い

次にタイムシェア販売説明会の日程を予約します。到着日と帰国日は予約できないので注意してください。説明会は120分程度です。

案内に従ってクレジットカードで支払います。心配な場合は、日本語デスクに電話もつながるので安心です。(参考:03-6866-4850)

6. メールで予約確認書が届きます

ヒルトンタイムシェア体験宿泊手順3
以上で手続きは完了です。

 

ヒルトンタイムシェア体験宿泊のデメリット

手順は簡単。さらに安くタイムシェアに宿泊できる体験宿泊ですがデメリットもあります。

ヒルトンのタイムシェア説明会参加が条件となっています

ヒルトンの体験宿泊の利用条件として、タイムシェア説明会の参加が条件となります。

100ドルのリゾートクレジットがもらえるものの、90分と言いつつ120分近く拘束され、勧誘も販売員によってはなかなかしつこいです。

空きがなく予約できないことも結構あります

ハワイ旅行の日程をピンポイントで決めている場合、空きがないと予約ができないこともあります。事前に確認しておきましょう。

 

飛行機を予約しよう

ヒルトンのタイムシェアに体験宿泊する場合、ツアー旅行ではないので、自分で飛行機の予約をする必要があります。時期により料金や燃油サーチャージは変化しますので、必ず金額はチェックしてください。

航空券を購入する際の注意点

・直行便かどうか確認する
航空券を予約する際、直行便かどうかだけは確認しておきましょう。通常、ハワイまでのフライト時間は、行きが7時間、帰りが9時間程度です。直行便でない場合、空港で待たされてしまいフライト時間が大幅に増加します。安い航空券は特に、この点に注意しましょう。

・燃油サーチャージ込か別か
航空券を予約する際、料金表示に対して燃油サーチャージが込か別かもチェックしておく必要があります。ちなみに燃油サーチャージは、原油価格により大きく変動します。購入した際の基準で課金されますので、原油価格が安い時に予約するとお得です。

 

ハワイ到着後~ヒルトンタイムシェアチェックインの流れ

ハワイについてからは、快適です。ヒルトンタイムシェア体験宿泊のキャンペーンで、空港までの往復送迎チケットがついていました。私と家族は別便で来たのですが、それにもきちんと対応してくれました。
※送迎サービスは時期によるキャンペーンです

ホノルル空港からホテルまでの交通手段

今回は、ヒルトンタイムシェアの体験宿泊キャンペーンが適用されましたが、通常、空港からヒルトンハワイアンビレッジまでどのように行けばよいのでしょうか?主な移動手段として、シャトルバス、タクシー、Uberが挙げられます。

2018年1月時点でもっとも安くホノルル空港からワイキキにいく手段はUberで17~20ドル程度です。Uberは事前に料金が提示され、チップなしのクレジットカード後日払いなので運転手と金銭のやり取りが発生しないため安心です。

アプリダウンロード後、こちらのキャンペーンコードを入力していただくと4回まで5ドル割引になります。

pma5sh

チェックインは事前にプリントアウトした書類でOK

ヒルトンハワイアンビレッジに到着すると、いよいよチェックインです。チェックインに必要なものは、事前にプリントアウトした書類とパスポートだけです。これをフロントで見せれば、カードキーをもらえます。

早く着いたときの荷物は?

家族は、午前中にはヒルトンについてしまったのですが、スーツケースを預かってもらい、早速プールを満喫していました。ヒルトンハワイアンビレッジの施設についてはこちらをご覧ください。

英語がしゃべれないけど大丈夫?

ヒルトンは日本人専用デスクがあるので、英語が全くしゃべれない方でも問題ありません。私はタパタワーに宿泊したのですが、エレベーターのすぐ前、フロントにも日本人専用デスクがあります。

ちなみに、ヒルトンのタイムシェア体験宿泊でなく、普通にツアーで旅行した時にこの日本人専用デスクに行くと、ほぼ100%タイムシェア販売説明会の勧誘を受けます。

 

ヒルトンのタイムシェア説明会に参加

今回のヒルトンタイムシェア体験宿泊は、タパタワーのホテルタイプの部屋に滞在することになりました(実際のタイムシェアの部屋には宿泊させてもらえないようです)。

ヒルトンハワイアンビレッジ夜景

宿泊したタパタワーから撮影した夜景です。新たなタイムシェア施設が建設中。

※2018年1月現在はグランド・アイランダーと言う最新のタイムシェアに宿泊できます

私は、3日目の朝にヒルトンのグランドワイキキアンで、タイムシェア説明会を受けることになりました。

タイムシェア説明会の内容は?

グランドワイキキアンに到着すると、タイムシェア説明会用の個室がいくつかありそこに通されました。担当した方は、新人だったようで少しぎこちなかったですが、飲み物やお菓子でまずはおもてなしをしてくれます。

その後、説明に入るのですが、ここでは料金など細かいことには一切触れず「タイムシェアを買ってよかった!」「タイムシェアでこんなに楽しいハワイ旅行ができる!」といった内容の動画を見せられます。

次に、実際の部屋を案内してくれます。だいたい大きめの部屋を見せて感動させるのですが、1ベットルームでもホテルタイプに比べれば十分広い為、驚きます。そして、ベランダからの景色を見て、テンションも一気にあがります。

最後に、料金等の説明をしてたたみかけます。基本的な説明は担当が行います。正直、あの動画と部屋を見せた後に料金を提示されると「こんなもんでハワイのタイムシェアが手に入るの?」と思ってしまいます。

  • ハワイに資産(タイムシェアは不動産なので)が手に入る
  • タイムシェアは一度購入すれば、未来永劫家族で使える
  • 料金は購入するポイントにもよりますが、100万円~500万円程度

迷っていると、マネージャーが登場するのです。

タイムシェア販売の女性マネージャーが出てきて

タイムシェアの購入を決めかねていると、最後に女性マネージャーが登場。先ほどまでの新人とうってかわり、グイグイ責めてきます。

「どの部分で迷われているのですか?」「リスクは振り返らないで資産価値とヒルトンのオーナーになるという名誉が欲しいかどうかを考えてください」

ただ、私はここできっちりとお断りしました。理由は以下の通りです。

  • タイムシェア物件を所有するリスク(管理費)の部分で明確な回答を得ることができなかった
  • たしかに、タイムシェアを所有するとホテルより広い部屋に同等の金額で宿泊できるが、旅費がうくわけではない、管理費=ホテル代として換算すると初期投資を回収できるほどのメリットがない
  • マネージャーの身につけていた貴金属が粗利を物語っていた

リゾートクレジットを手渡される

タイムシェアの購入意思がないことが分かると、しつこく押し売りしてくることは一切ありません。キャンペーンである50ドルの商品券を手渡されタイムシェア説明会は終了しました。
※2018年現在リゾートクレジットはなくブッフェ付きエンターテイメントショー『ワイキキ・スターライト・ルアウ』へ2名様招待券に変わっています(私が最初にハワイに行った時は100ドルだったので年々悪化しています)

タイムシェア購入を迷った場合滞在期間中に猶予期間も

もしどうしてもその場で決断ができなかった場合、数日間猶予をもらえるそうです。ただし、データからも猶予期間を与えた後、タイムシェアを購入する可能性は非常に低いようです。

おそらく、戻った後、インターネットで検索した結果、リスクに気付いてしまうケースが多いのではないでしょうか?

 

滞在~チェックアウト~空港へ

タイムシェアの説明会が終了したら、あとはヒルトンのホテルに宿泊しているのと何ら変わりはありません。プライベートビーチ、複数あるプールなどを楽しむことが出来ます。

ヒルトンハワイアンビレッジプライベートビーチ

ヒルトンハワイアンビレッジプライベートビーチ

金曜日には、プライベートビーチで目の前に花火があがります。

ヒルトンハワイアンビレッジ花火

目の前で上がる花火は大迫力です。

チェックアウトは、ルームキー(カード)をフロントに渡すだけ。カードは記念にもらえます。その後、ロビーまで送迎シャトルバスが迎えにきてくれますので、それに乗って空港に向かい楽しいハワイの旅は終了です。

 

ヒルトンタイムシェア体験宿泊とツアー料金の比較

今回は、大人2人子ども2人の4人家族(ファミリー)を例に、4泊6日でヒルトンタイムシェア体験宿泊した場合と、ハワイ旅行のツアーでヒルトンに宿泊した場合の料金を比較します。

ザ・グランドアイランダー体験宿泊 格安ツアー(ヒルトン宿泊)
ホテル代 ¥108,000(899ドル) ¥500,000
航空券代 ¥200,000

 

ヒルトンタイムシェア体験宿泊

グランドアイランダー1BRに宿泊した場合、4泊分のホテル代$899(約108,000円)がかかります。ヒルトンの最新タワーザ・グランドアイランダーに1泊27,000円で宿泊できるのですから、どんなにお得かお分かり頂けると思います。

航空券は、時期によりますが1番安い1月の成田発で大人60000円代、子供40000円代からあります。

結果、ヒルトン4泊6日のハワイ旅行に1人75000円で行けたことになります。どんなに格安のツアーを探しても、ヒルトンクラスのホテルに宿泊すると1人125,000円はしますから4泊6日で500000円。なんと、40%オフ(200000円もお得)にハワイ旅行に行けるのです。

※2018年現在体験宿泊は若干旨味が薄れています

 

タイムシェア体験宿泊に変わるタイムシェアレンタルって?

最後に、このタイムシェア実はオーナーからレンタルして宿泊することができます!体験宿泊と料金を比べてみましょう!

ザ・グランドアイランダー体験宿泊 タイムシェアレンタルでグランドアイランダー宿泊
ホテル代 ¥108,000(899ドル) ¥92,160~
航空券代 ¥200,000~ ¥200,000~

お部屋は全く同じ部屋で、タイムシェアの説明会に参加する必要もございません。日程も空いていれば自由に設定できますのでお気軽にお問い合わせください。

-タイムシェア実録レポ, ヒルトン

Copyright© ハワイタイムシェアレンタルガイド , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.